2歳のお子さんをお持ちのママ、子育てを楽しんでいますか?疲れたりしていませんか?

2歳は「魔の2歳児」と呼ばれる、子育て期間中の大変な時期のひとつです。
この時期は、夜中の授乳でヘトヘトだった0歳児時期もラクな子育てだったと感じてしまうかも知れません。授乳期の疲れた想いは、実は一番幸せな夢のような時間だったのかも知れません。

よちよち歩きや、カタカト言葉の1歳児時期の可愛さに幸せを感じていると、魔の2歳児に突入して、子育ての大変さを痛感するかも知れませんね。

子育てが疲れたと感じる時期でもあるでしょう。
「魔の2歳児」は子育てする人、みんなが通る道です。
疲れた心と身体を、リフレッシュして、子育て頑張りましょう!

お子さんがお昼寝をする場合

2歳児は、まだお昼寝するお子さんもいらっしゃいますよね。
そんな場合は、お昼寝タイムが、ママタイムですね!

●美味しいお茶とスイーツで至福の時を過ごす。
●趣味の時間として過ごす。
●SNSで、気軽に友人と交流。

子育てとは、全く違う事をして、疲れた気持ちを忘れて、気分転換したいですね。

お子さんがもうお昼寝しない場合

2歳を過ぎると、午前中どんなに公園で走っても、疲れた感じがない。
疲れた感じがあっても、お昼寝をしないお子さんもいるでしょう。
そんな、お昼寝を卒業した子や、お昼寝時間が極端に短い子もいますよね。

そんな場合は、お子さんと離れる時間を持つことをオススメいたします。
子育てとは、違う空間で、疲れた想いを解き放ち、元気を充電しましょう。

お子さんはどうするか、というと
●ご主人や祖父母にお子さんをお願いする。

でも、ママも大変な「魔の2歳児」です。

ご家族も「大変だよ〜」「疲れたよ〜」となった場合、子育てのプロの、お預かりサービスを利用しましょう!
●保育園の一時保育を利用する。
●ファミリーサポートや民間のお預かりサービスを利用する。

最近では、映画館・美容室に併設の託児所があったり。
ショッピングセンター内に託児所があったりしますよ。

うまく利用して、「魔の2歳児」と「子育ての疲れ」を上手に乗り切りましょう。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。