共働き夫婦は、生活費に関して、どのようにお金の管理をしているのでしょうか。
共働きご夫婦のお財布事情を、ちょっとだけ覗いてみたいと思います。

共働きでも生活費に関しては、すべてお一人が管理している場合、
生活費の項目別に管理する人を決めている場合
1か月の生活費を決めている場合があるようです。

すべてお一人が管理パターン

ご主人のお給料も、奥様のお給料も、お一人が預かりそこから一部を生活費として使い、その他の生活費以外の出費はお小遣い制としているパターンです。

共働きなのに、お小遣い制?と思うかもしれませんが、
マイホームやお子さんの教育資金など、たくさんのお金を貯蓄したい・返済したいなどの、共通の目的や、長期的なプランがある場合は、この方法が一番安心・確実なのかも知れません。

このパターンは、女性が管理することが多いようです。

項目別分担パターン

たとえば、引き落としになる分はご主人。食費、日用品は、奥様。などと項目別に分担するパターンです。

それぞれ負担額や負担割合が違うというデメリットがあります。
なんとなく「項目別負担」となった場合、不公平感があるようです。
取り決めをする場合は、共働きや分担パターンを始める前に。しっかりと相談することが大切となります。

また、自分の負担する項目の節約意識が増えるので、節約に無頓着な男性に、光熱費負担をしてもらうと、節約意識が目覚めた!というメリットがある場合も。

固定生活費パターン>

共働きご夫婦の、共通のお財布や通帳をつくり、毎月決まった金額を入金するというパターンです。

引き落としや食費などは、共通のお財布・通帳から支払う事となります。
残りのお金は自由に。生活費も平等に。というパターンです。

共働きご夫婦は、生活費をはじめ、お金の使い方の相談をしっかりしないと、共働きだから、収入は沢山あるのに、貯金がない。
共働きで、お互い収入があるので、出費の際、どちらも出し渋る、という事が起こるようです。

しっかり話し合いをする事が大切ですね。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。