お子様の年齢と家族構成を教えてください。

旦那、私、息子3歳 

2. 妻の仕事について(フルタイム・パート週何回、育休中など)教えてください。

育休中

3. 共働きでの普段の家事分担を教えてください。不満はありますか?

今は育休中のため家事のほとんどは私がしています。主人に頼んでいることは、週二回のゴミ出しくらいです。あとは子どもが小さく、時間に追われているときはお茶わん洗いを頼むこともまれにあります。

主人への不満はあります。家事を頼んで文句を言ったり怒ったりするようなことはないのですが、自分が体調不良の時や子どものことでバタバタしているとき、こちらが頼まなくても自分で気づいて、手伝いを率先してしてくれないかなと、思います。言えばするけど言わないとしないです。

働いて帰ってくるので、こちらも遠慮が少しあります。なので頼みたいことも我慢したりします。毎日のことではないし、その時その時の状況に合わせて自分から動いて欲しいです。

4. 子供の習い事はいつ何をしていますか?送迎は?受験の予定は?

子どもの習い事は今は特に何もしていません。しかしあと2年くらいすれば習い事も徐々に始めることになると思います。その際の送迎は、たぶん私になると思います。

日中は主人が仕事で簡単に抜け出せるような環境ではないし、職場から自宅が遠いため難しいと思います。そういう点では、こまめに動けるのはまだ私の方かなと考えています。でも毎日習い事の送迎というのは大変だと思うので、考えどころです。ちなみに受験の予定はありません。

5. 小1の壁(学童問題)をどのように乗り越えたor乗り越えようと考えていますか?

うちはまだ3歳なので、学童問題を実際に体験はしていませんが、これから乗り越えなければならないものです。

小学校は早ければ午前中で帰ってくることもあるし、夕方になることもあります。

高学年になればお留守番も任せられますが、低学年のうちはお留守番させるのも不安です。

今は育休中ですが、小学校になればパートに切り替えようかなとも思ったりしています。パートの方が早く帰宅できるし、時間の拘束も少しは緩くなるからです。

その上で、自分で見れないときは子どもの帰宅時間にもよりますが、誰かに預けるか、学童を利用するかになると思います。

うちは両方の親が近くに居るので、おじいちゃんおばあちゃんに見てもらおうかなと今は思ってます。

6. もう少しこうだったら共働きで子育てしやすいのにという意見を書いてください。

会社の理解がもう少しあれば共働きで子育てしやすいと思います。

女性は正社員からパートに切り替えて、時間に余裕を持って子育ての時間も持てるようにはなってきています。

会社の雰囲気にもよりますが、昔に比べると時短を使えたり、子どもの体調不良で急遽休むのもしやすくなったと思います。

でも会社の人みんながみんな気持ちによく思ってるとは限りません。特に年配の方々の中にはまだそういったことを快く思えない人も実際いると思います。

そのため会社で研修をしたり、勉強会をしたりして共働きの大変さや、必要性などの共通理解をすべきです。

これは女性側にだけ言えることではなく、男性側つまりパパの職場でも同じように共働きの理解を深めていくべきです。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。