サマースクールに行くのであれば、いきなり英語圏に行った方がもちろん吸収は早いです。ハワイは手軽にいくことができるアメリカでありながら、治安など生活のしやすさを考えると、島特有ののんびりした空気流れていて、快適です。ハワイでのおすすめサマースクールを紹介します。

ARCアメリカ留学センター

海外でのサマースクールの本場はやはりアメリカ。留学を専門に取り扱うアメリカ留学センターがおこなうサマースクールは授業のプログラムや海外生活で心配な緊急時のサポートも充実しています。アメリカ西海岸を中心に募集されているので、海外らしさを存分に味わうことができるサマースクールです。

お問い合わせ
Url:
http://www.arcint.com/ryugaku/children.html

Humanic Edu

英語が公用語でありながら、たくさんの人種の人々が暮らすシンガポールのサマースクール。
日本以外の海外のさまざまな人が集まるので、多様な文化を学ぶこともできます。日本からの距離が近いのも、他の海外のサマースクールよりも便利なポイントです。

お問い合わせ
TEL:0120-924-520
url:
http://humanic-edu.com/c_singapore/

FSS-osaka

海外のサマースクールのなかでも高い人気を誇るのがカナダのサマースクール。
英語の上達はもちろん、大自然に囲まれた自然環境で過ごすので、のびのびと学ぶことができて、海外生活の緊張を感じさせません。

湿気が少なく、気温も暑くなりすぎないので、快適に過ごすことができるのも海外での勉強の利点です。

お問い合わせ
TEL:03-5906-5547
url:
http://www.fss-osaka.com/style/summer-camp.html

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。