子どもの将来の留学などに備えた英語体験や、大学などの学校体験を夏休みの短期間ですることができるサマースクール。ここでは東京でおすすめのサマースクールを紹介します。

ICUキッズ・カレッジ

国際基督教大学(東京・三鷹市)の本館で、大学の勉強を体感できる東京のサマースクール。授業内容に定評のある同大学の本当の教授たちが子ども向けにアレンジしたプログラムをおこなってくれます。

お問い合わせ
TEL:0422-33-3530(月-金9:00-12:00/13:00-17:00)
url:
http://www.icu.ac.jp/events/icu.html

東京YMCA

キャンプを中心としたYMCAのサマースクールのサマーキャンプ。募集は東京でおこなっていて、行き先も幅広く、年齢も幼児対象から中高生向けのものまで用意されています。英語漬けの生活をしながら自然での共に過ごすことで、生きた英語を吸収することができます。

お問い合わせ・資料請求
camp@tokyo.ymca.or.jp
url:
http://tokyo.ymca.or.jp/camp/summercamp/

アメリカン・サマーキャンプ−SCOA

日本とアメリカを草の根レベルで繋ぐサマーキャンプ。東京とアメリカ同世代の若者たちがサマースクールで集うことでアメリカだけでなく、海外への理解を深めることができます。

お問い合わせ
url:
http://www.scoacamp.com/

まとめ

東京のサマースクールはほかにもたくさんあるので、インターネットなどで調べてみましょう。東京でのご自身の住まいや、子どもの年齢に合ったサマースクール、趣味や課題に合ったサマースクールを見つけてあげるのがいいでしょう。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。