気持ちの上でも面倒で、仕事の時間にも影響をするPTAの役員。そのPTA役員決めで、角が立たない断り方はどいういった断り方でしょう。

ちゃんとした理由があれば事前に言っておく

PTA役員決めは、みんなやりたくないことを話しているので、断り方にも工夫が必要です。

まず前提としてそのPTAの役員決めの場は近所の人ばかりなので、ウソはばれます。なので、本当に「下の子が小さくて大変」や、「親が病気で」など、ちゃんとした断る理由がなければ、断れません。

そういうちゃんとした理由がある方はPTA役員決めの日になる前に、それを仕切る委員長などに、事前に相談をしましょう。

そうしておくと、PTA役員決めの場で「●●さんはできる?」と聞かれて「いえ、▲▲が理由でできません」という断り方はしないで済みます。そういう断り方は印象を悪くします。

PTA役員決めの前に言っておけば「●●さんは▲▲が理由で今回はできないので…」と他人から言ってもらえるので角が立ちません。

低学年のうちにやっておく

いちばん納得をしてもらえるPTA役員決めの断り方は「すでにもうやった」です。PTA役員決めの場で、この断り方は誰もが納得する断り方です。

子どもが低学年のうちにやっていまうのがポイントです。どんな役員でも、低学年のうちはやることが少ないのですが、高学年になるとかなりやることが多く大変です。

ふだんの交流も大切

とにかくPTA役員決めのときは、誰もが「やりたくない」と思っています。そんなPTA役員決めの場を和やかにするのも大切です。

ふだんから保護者で食事をしたり飲み会をしたりしておくと、そういった場所の雰囲気も和んで、スムーズに役員が決まっていったりもします。

幼児教育の有無が学力の差になるってホント?

共働きで、子どもを保育園に長時間預けっぱなし・・幼稚園の子と差がついてしまわないか不安ですよね。

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

つまり、6歳までの幼児教育が最も重要であり、その時期にどれだけ教育に力をいれたかによって子どもの学力が決まるということです。



子どもの頭を賢くする幼児教育リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



ベビーパークは、あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室です。

フラッシュカードなどの右脳教育に加え、緻密性や運動能力も高め、保護者への「子供とどう接したら伸びるか」ということを毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや漢字、計算などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



自宅で通信教育を始めるなら、無駄な付録が一切なく、ワークに特化している【月間ポピー】がおすすめです。

小学生まで学校の教科書に準拠した内容で先取りでき、月980円〜と圧倒的に安い料金が魅力です。